FC2ブログ

旬果亭 果物日記

旬の果物産地直送「旬果亭」の果物日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋のお取り寄せ 栗の栽培のようす

秋のお取り寄せは、熊本産の栗(丹沢・筑波)。
生産地は、熊本県上益城郡山都町という、水の豊かな場所です。
水田や畑、土手など、いろんなところから、ぽこぽこと湧き水が出ています。

人口も少なく、人の手の介入が少ないので、
水だけでなく、土壌や空気もきれいな地域です。

その生産者・八高さんの栗園の一年間をおってみました。


「いいとり(剪定作業)」…

栗園の収穫が終わった11月から3月にかけて、八高さんは仲間と一緒に剪定作業をします。
仲間内のそれぞれの栗園を順番に回っていき、みんなで剪定作業をします。
この仲間で剪定をしていくが、昔ながらのやり方を、方言で「いいとり」といいます。
剪定作業は、栗栽培の大切な作業です。
剪定作業で、来秋の栗の育ち方、栗のサイズまでが決まってきます。
みんなで知恵と技を持ち寄り、力を合わせて作業したことが来秋の栗のできに現れてくるんです。


「草刈り」…

栗園に生えてきた雑草を、草刈りしていきます。
雑草がどんどん生えてくる6月7月8月これも、仲間と一斉に刈っていき、
順番に仲間の栗園の草刈りをしていきます。

八高さんは、除草剤は使いません。草刈り作業は大変!
手間を取らせるにっくき雑草たち(笑)も、刈った後は、堆肥になって
栗園の良質の栄養分になってくれます。


「収穫」…
早生の「丹沢」は9月上旬から10日前後、晩生の「筑波」は、
10月上旬から10日前後かけて、一気に収穫します。
みんな横一列になって、前に進むように栗拾いしていきます。
一粒一粒、虫がついていないかチェックしながら拾っていきます。
収穫期を迎えた栗は、イノシシや虫たちとの争奪戦!
1日も休むことはできません。


「お礼肥」…

収穫が終わり、11月頃に、栗園の土壌に肥料をあげます。
「今年もおいしい栗を実らせてくれてありがとう。」という感謝の気持ちを込めて、
栗の木と栗園の土へのお礼として肥料をあげることから、この肥料を「お礼肥」と呼んでいるそうです。


⇒「いいとり(剪定作業)」…と、次の年の作業が続きます。

収穫期に、おいしい栗を口にした時、大自然や家族、仲間に感謝して、
また年が廻っていく・・・そんな八高さんの栗園です。


 「山都の栗」 のページ
…熊本産。収穫から24時間以内に、燻蒸処理(殺虫処理)せず、
クール便にて発送しています。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/28(木) 02:27:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<燻蒸処理について | ホーム | 栗の品種と特徴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shunkatei.blog86.fc2.com/tb.php/72-b9cf1bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬果亭

旬のお取り寄せ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

【旬果亭】店長紹介

shunka-tei

Author:shunka-tei
「日本の農業を元気にしたい!」と願う1歳児の新米ママ・小島です。熊本県出身、現在、横浜市在住。
「旬果亭」は、生産者の協力により、高品質な果物をリーズナブルな価格でお届けする果物屋です。また「環境保全型農業」に取り組んでいる農家さんの果物を選ぶよう心がけています。母乳・離乳食を通して「『食』の大切さ」を、再認識させられている今日この頃です。

☆よかもん発見たいブログ☆
「よかもん日記」

農つながりリンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

国産オーガニック小麦ベーグル


100%熊本産有機認定小麦粉使用
卵・牛乳・バター 不使用
保存料・着色料 無添加。
一つ一つ手作りしています。
口コミで広がり、販売数月間
1000個突破!
えと菜園ベーグル

株式会社 えと菜園

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。